南里が東京五輪代表に決定「何とか3回目で…本当によかった」 セーリング男子レーザー級

[ 2020年2月16日 16:30 ]

 セーリングの男子レーザー級世界選手権最終日は16日、メルボルンで行われ、南里研二(百五銀行)が日本勢トップの63位となって東京五輪代表に決まった。日本セーリング連盟が定めていた選考会の総合得点でトップが確定し、基準を満たした。佐賀県出身の南里は今回が初の五輪となる。

 日本勢のこの種目での五輪出場は、2008年の北京大会以来、3大会ぶりとなった。

 レーザー級は小型艇を用いる1人乗りの種目で、セーリングの中では最も普及している。

 ▼南里研二の話 何とか3回目にして五輪に出ることができ、本当によかった。まだまだ速くならないといけないので、五輪までにトップと走れるように頑張っていく。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月16日のニュース