19歳佐藤翔馬、200メートル平泳ぎ大会新で優勝 北島杯に続き「マグレじゃない」

[ 2020年2月16日 05:30 ]

競泳 コナミオープン第1日 ( 2020年2月15日    東京辰巳国際水泳場 )

男子200メートル平泳ぎ決勝、優勝した佐藤翔馬(左)は山尾隼人と健闘をたたえ合う(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子200メートル平泳ぎ決勝の佐藤翔馬(19=東京SC)は2分8秒25で優勝した。

 19歳の新星、“慶応ボーイ”佐藤が大会新で優勝。目標とした7秒台には届かなかったが、2分7秒58をマークした1月の北島杯に続くセカンドベストに「マグレじゃないと思わせることができた」と胸を張った。

 午前中に決勝が行われる五輪本番を見据えて、予選も2分8秒80と安定感を発揮。「朝からしっかり上げて、2本目でもう一回上げることができた」と手応えを示した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月16日のニュース