貴景勝 春場所へ闘志「2月は最高の追い込み」

[ 2020年2月16日 05:30 ]

稽古で汗を流す貴景勝
Photo By スポニチ

 大相撲の大関・貴景勝が15日、都内の千賀ノ浦部屋で稽古を行い、春場所(3月8日初日、エディオンアリーナ大阪)に闘志を燃やした。

 すり足や腕立て伏せなどで精力的に汗を流し、最後はぶつかり稽古。11勝4敗だった初場所後は徹底して体を鍛えており「2月は最高の追い込みができていると思う」とうなずいた。

 春場所は昨年、大関昇進を決めた舞台。兵庫県出身で地元も近いとあって「3月は本当に優勝したい。しっかりと準備できているから不安もない。応援してくれている人が多いから結果を残したい」と意欲を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月16日のニュース