ザギトワ 背水ファイナルへ淡々調整 「クレオパトラ」でノーミス予行

[ 2019年12月5日 23:30 ]

<グランプリファイナル第1日>SPに向け練習するザギトワ(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのGPファイナル(イタリア・トリノ)に向けた公式練習が5日に行われ、18年平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ(17=ロシア)も汗を流した。3回転ルッツを入念に確認した後、フリー「クレオパトラ」の曲かけではルッツ―ループの連続3回転など全てのジャンプに着氷。3年連続出場となるファイナルへ、静かに準備を進めていた。

 同門で後輩のトルソワ、シェルバコワ、コストルナヤの3人が女子のフィギュア界を席巻。平昌五輪、今年3月の世界選手権優勝を誇るザギトワだが、今季のGPシリーズ2戦で頂点には立てなかった。背水のファイナル。主要タイトルを総なめにしたザギトワにはプライドがある。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年12月5日のニュース