バックスが47季ぶりの13連勝 アデトクンボが35得点

[ 2019年12月5日 14:32 ]

35得点を挙げたバックスのアデトクンボ(AP)
Photo By AP

 NBAは4日に各地で10試合を行い、東地区全体首位のバックスは敵地デトロイトでピストンズを127―103(前半59―48)で下して19勝3敗。1972年シーズン以来(14連勝)、47季ぶりに13連勝を飾った。

 昨季のMVP、ヤニス・アデトクンボ(24)は28分の出場で35得点、9リバウンド、2ブロックショットをマーク。ダブルダブルを達成できなかったのは今季2度目だったが、抑え目のプレータイムで勝利に貢献した。

 試合はテクニカル・ファウルが6度もコールされるなど荒れ気味。アデトクンボもピストンズとブレイク・グリフィン(30)と一触即発の状態となり、テクニカルを宣告された。

 ピストンズは8勝14敗。バックスに対しては昨季4戦全敗で、プレーオフ1回戦でもスイープ(4戦全勝)で敗退。今季も2戦2敗と負けが続いている。

 西地区全体首位のレイカーズは敵地ソルトレイクシティーでジャズを121―96(前半65―47)で振り切ってバックス同様に19勝3敗。アンソニー・デービス(26)が26得点、レブロン・ジェームズ(34)が20得点と12アシストを稼いでチームをけん引した。

 セルティクスは地元ボストンでヒートに勝ってホームでは今季8戦全勝。好調マーベリクスはティンバーウルブスを下して5連勝となった。

 <4日の結果>

*ホーネッツ(9勝14敗)106―91ウォリアーズ(4勝19敗)
バックス(19勝3敗)127―103*ピストンズ(8勝14敗)
*マジック(10勝11敗)128―114サンズ(9勝11敗)
*セルティクス(15勝5敗)112―93ヒート(15勝6敗)
ネッツ(11勝10敗)130―118*ホークス(5勝17敗)
*ブルズ(8勝14敗)106―99グリズリーズ(6勝15敗)
レイカーズ(19勝3敗)121―96*ジャズ(12勝10敗)
*マーベリクス(15勝6敗)121―114ティンバーウルブス(10勝10敗)
ペイサーズ(14勝7敗)107―100*サンダー(8勝12敗)
*トレイルブレイザーズ(9勝13敗)127―116キングス(8勝12敗)

 *はホームチーム

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月5日のニュース