トランポリン森ら表敬訪問「石川にメダルを持って帰りたい」

[ 2019年12月5日 05:30 ]

トランポリンの東京五輪代表に決まり石川県庁を表敬訪問、谷本正憲知事(後列左から2人目)らと写真に納まる森ひかる(同左端)ら
Photo By 共同

 トランポリンの世界選手権で東京五輪代表に決まった森ひかる(金沢学院大ク)、堺亮介(星稜ク)らが4日、石川県庁で谷本正憲知事を表敬訪問し「五輪でも石川にメダルを持って帰りたい」と抱負を語った。

 世界選手権の女子個人で、日本勢初の世界一に輝いた森は「金メダルはびっくりした」と振り返り、五輪では「最高の演技をしたい」と話した。谷本知事は「石川はトランポリン王国。皆さんのおかげで競技のルールや難しさを一般の人に広めたのは間違いない」と快挙を称え「またゼロから頑張ってほしい」とエールを送った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月5日のニュース