千賀ノ浦親方 貴ノ富士から報告なしも「私としては良かったんじゃないかと思う」

[ 2019年10月12日 05:30 ]

千賀ノ浦親方(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 千賀ノ浦親方はここ数日、貴ノ富士とは連絡が取れない状態が続いていた。引退の意向は弟子からの報告ではなく相撲協会の連絡で知った。それでも、親方自身も自主引退するように訴えかけていただけに「私としては良かったんじゃないかと思う。(引退なら受け取れる)退職金は大事なので」と前向きに捉えた。

 この日は貴ノ富士の引退届とともに部屋としての再発防止策の書類も相撲協会に提出。今後の指導について「暴力は駄目と教えていきたい」と話した。

 ▼芝田山広報部長(元横綱・大乃国) (暴力問題で引退は)暴力との決別を進める中でしっかりと対処していかないといけない。二度とこういうことが起きないように研修を行い、対策を考えていく。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月12日のニュース