世界ラグビー団体、スコットランドCEOに遺憾「尽力している中…非常に残念」

[ 2019年10月12日 05:30 ]

ラグビーW杯1次リーグA組最終戦   日本―スコットランド ( 2019年10月13日    横浜国際総合競技場 )

 国際統括団体ワールドラグビー(WR)はスコットランド協会のドッドソンCEOの見解を受けて声明を発表し、「試合を実施できるように尽力している中、このようなコメントは非常に残念」などと遺憾の意を表明した。

 声明の中でWRは、スコットランド協会も1次リーグの試合は延期しないとの規定を含む規約に同意していると言及。「全ての人の安全と今週末の試合の実施に全力を注いでいる中、これ以上の批判は不適切なものになる」と厳しい言葉で結んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月12日のニュース