No・8姫野、前に出る!「堂々と決勝トーナメントに乗り込めるよう、必ず勝ちたい」

[ 2019年10月12日 05:30 ]

ラグビーW杯1次リーグA組最終戦   日本―スコットランド ( 2019年10月13日    横浜国際総合競技場 )

傷だらけの顔で会見する姫野(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 No・8の姫野がスコットランド戦でもチームに推進力を与える。「チームを前に出すことがアタックを強力にすることになる。1メートルでも2メートルでも前に出るのが自分の仕事」。

 8日の練習ではジョセフHCと深刻な表情で話し合うシーンもあったが、コンディションについて「問題ない」と伝えた。ここまで攻守でジャパンを支える25歳は、「堂々と決勝トーナメントに乗り込めるよう、必ず勝ちたい」と闘志を高めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月12日のニュース