キプチョゲ フルマラソン史上初の2時間突破!非公認記録も1時間59分40秒

[ 2019年10月12日 18:07 ]

ウィーンで行われた特別レースで1時間59分40秒を記録したキプチョゲ(AP)
Photo By AP

 男子マラソンで2時間1分39秒の世界記録を持つエリウド・キプチョゲ(34=ケニア)が12日、ウィーンで行われた特別レースで、フルマラソン史上初の2時間突破となる1時間59分40秒で走った。記録は非公認となるが「この機会を与えてくれて感謝している」と快挙達成に喜びを語った。

 複数のペースメーカーが何度も入れ替わって引っ張り、自転車から飲み物を受け取るなど特殊な補助を受けてのレース。2016年リオデジャネイロ五輪のマラソン金メダリストは、17年にもスポーツ用品大手ナイキの企画でイタリアのサーキットで挑戦したが、2時間0分25秒だった。

 日本からは男子1万メートル日本記録保持者の村山紘太(26=旭化成)がペースメーカーとして参加した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月12日のニュース