日本代表、台風で12日の都内練習取りやめも視野 “異常事態”への対応力もカギ

[ 2019年10月12日 05:30 ]

ラグビーW杯1次リーグA組最終戦   日本―スコットランド ( 2019年10月13日    横浜国際総合競技場 )

<日本代表会見>スコットランド戦への意気込みを語る稲垣(左は具)=撮影・吉田剛
Photo By スポニチ

 チーム日程も台風の影響を受けそうだ。12日は都内で練習後に横浜へ移動する予定だが、荒天の場合は取りやめる可能性もあるという。大会中は試合前日の公式会見が設定されているが、こちらは中止が決定済み。

 屋外で前日練習が行えないという異常事態への対応力も問われる試合となりそうだ。スクラムにとって重要な会場の芝の感触を確かめられるのも試合当日のみだが、プロップ稲垣は「長谷川コーチと話した」と対応策を協議。福岡は「どういうキックを蹴るか、選択するようにする」と風対策についての考えを示した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月12日のニュース