フィジー、強豪ウェールズに番狂わせ狙うも…逆転負けで敗退 指揮官「実に勇敢な戦いだった」

[ 2019年10月10日 05:30 ]

ラグビーW杯1次リーグD組   フィジー17―29ウェールズ ( 2019年10月9日    昭和電ド )

後半、タックルを受けながらパスを出すフィジーのトゥイソバ
Photo By 共同

 D組フィジーは優勝候補の一角ウェールズに競り負けて1次リーグ敗退が決まったが、意地は見せた。前半3分にWTBトゥイソバ、8分にFBムリムリバルがトライを挙げて一時は10点をリード。

 10―14と逆転された後半13分にはペナルティー(認定)トライで再逆転するなど、最後まで会場を沸かせた。マッキー監督は「強豪相手に、実に勇敢な戦いだった」と選手をねぎらった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月10日のニュース