ウェールズ、3連勝で決勝T アダムズがハットトリックの大活躍

[ 2019年10月10日 05:30 ]

ラグビーW杯1次リーグD組   ウェールズ29―17フィジー ( 2019年10月9日    昭和電ド )

<ウェールズ・フィジー>前半、トライを決めたウェールズのアダムズ(右)
Photo By 共同

 D組のウェールズは3連勝で決勝トーナメント進出を決めた。それでも「簡単な相手ではない」と話していたロックのA・ジョーンズ主将の不安は的中した。前半3分、8分と立て続けにトライを決められ、ビハインドの展開。これを救ったのがWTBのアダムズだった。

 持ち前の快足を武器に、前半17分にキックされたボールを左サイドでキャッチし、そのまま走り込んでトライ。30分には細かくついないだパスを左隅に持ち込んだ。極めつけは17―17の後半20分だ。CTBのJo・デービスのパスを受け、倒れ込みながら左隅に決勝のトライ。ハットトリックの大活躍で逆転勝ちを演出した。

 「控えを含めてみんなの状態がいい」とA・ジョーンズ。最後はきっちり底力を発揮し、1位通過も見えてきた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月10日のニュース