渋野日向子「心が癒やされてます」 シーズン終盤へ“あのゲーム”でリラックス

[ 2019年10月10日 15:29 ]

<スタンレーレディースプロアマ>笑顔でラウンドする渋野日向子(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 女子ゴルフのスタンレーレディースは10月11日から3日間、静岡の東名CC(6572ヤード、パー72)で行われる。

 全英女子オープン覇者の渋野日向子(20=RSK山陽放送)は10日、プロアマ戦に参加。国内メジャー日本女子オープンの翌週大会で精神面、体調面での疲労の蓄積が心配されるが「寝たら治るし、ご飯を食べたら治るし、(ゲームの)どうぶつの森を始めて心が癒やされてます」と“しぶこスマイル”を披露した。

 シーズンも終盤に突入。賞金女王レースも佳境を迎える中、トップに立つ申ジエを2位につける渋野が約860万円差で追う。今大会はトップの申ジエ、3位のイ・ミニョンがともに欠場。「賞金女王のためにも大事な試合。ここで(トップとの)差を詰められるように頑張りたい」と力を込めた。

 現在、大型の台風19号が北上を続けており今大会も影響を受けるとみられる。「2日目(12日)の予報が悪いので、1日目に上位にいないと厳しくなる」と初日から飛ばしていく。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年10月10日のニュース