女子ゴルフのスタンレーレディース、12日と13日午前は史上初の無観客で実施へ 台風影響で

[ 2019年10月10日 19:21 ]

<スタンレーレディースプロアマ>グリーンの感触を確かめる渋野日向子(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 女子ゴルフのスタンレーレディースは11日、静岡の東名CC(6572ヤード、パー72)で開幕する。大会実行委員会は10日に会見を行い、台風19号の影響を考慮して12日の第2ラウンドと13日の最終ラウンドの午前は観客を入れないことを発表した。12日以降の競技の実施と13日午後の観客の入場については、11日の午後5時までに決定する。

 主催者は台風が最接近すると予想される12日についても、選手および関係者の安全確保を前提として「できるだけやりたい」と話しており、無観客で大会が行われた場合はツアー史上初めてとなる。一方で12日の第2ラウンドが中止となった場合には、競技成立に向けて第1ラウンド終了時点で60位タイまでを決勝進出とする方針。さらに13日のコース状況次第では競技成立に必要な27ホールを実施するため、セカンドカットを使用する可能性もあるとした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月10日のニュース