米国・主将スカリー2Tも…初勝利お預け 3戦終えて勝ち点ゼロ

[ 2019年10月10日 05:30 ]

ラグビーW杯1次リーグC組   米国17―47アルゼンチン ( 2019年10月9日    熊谷 )

前半、トライを決めた米国のスカリー
Photo By 共同

 C組の米国は主将のWTBスカリーが2トライと奮闘も、初勝利は13日のトンガとの最終戦にお預けとなった。4トライか7点差以内のボーナスポイントにも届かず3戦を終えて勝ち点ゼロだが、ゴールド監督は「我々は前に進んでいる」と気丈に振る舞った。

 FBフーリーは、観戦に訪れた地元の小学生が両国国歌を歌う姿に「子供たちが国歌を覚えてくれて感動したよ」と笑顔を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月10日のニュース