トランポリンW杯 森ひかる3位で2戦連続表彰台

[ 2019年10月8日 05:30 ]

トランポリンのW杯シリーズ第4戦は6日、スペイン・バリャドリードで行われ、女子個人決勝で森ひかる(金沢学院大ク)は56・490点で2戦連続の表彰台となる3位だった。宇山芽紅(スポーツクラブ テン・フォーティー)は8位。

 男子の個人決勝で岸大貴(ポピンズ)は59・830点の5位で、外村哲也(アムス・インターナショナル)は7位。非五輪種目のシンクロナイズド決勝は岸、堺亮介(星稜ク)組が52・380点で制した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年10月8日のニュース