テコンドー金原会長、拳銃で腕と腹を撃たれた「30年前です」

[ 2019年10月8日 20:26 ]

理事会後に会見する金原会長
Photo By スポニチ

強化方針を巡り、強化選手らと対立している全日本テコンドー協会が8日、都内で理事会を行った。

 金原昇会長の会見は、予定から2時間15分遅れでスタート。一部で拳銃で撃たれたことがあると報じられたことについて、「撃たれました。お腹と腕です。30年前です。傷はね、やはり神様が助けてくれた。腕は血管、筋肉、骨、全てに当たっていない。お腹はその頃、そんなに出ているわけではないので、かすってヤケド程度」と認めた。

 当時を「暴力団関係が羽ばたいている時期」とし、「私の知り合いがみかじめ料を取られて、警察の指導を仰いで暴力団追放運動をしようと組合を作った。その中に私もいた」と説明した。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年10月8日のニュース