スコットランド、ロシア戦14人入れ替え“苦心の布陣” 中3日の日本戦へ主力温存

[ 2019年10月8日 05:30 ]

ラグビーW杯1次リーグA組最終戦   スコットランドー日本 ( 2019年10月13日    日産ス )

ロシア戦と日本戦ともに先発が有力視されるスコットランドWTBシーモア
Photo By スポニチ

 スコットランドが日本との決戦を見据えて主力を温存した。1次リーグ第3戦ロシア戦(9日、静岡ス)の登録メンバー23人を発表し、34―0と快勝したサモア戦(9月30日)から先発を14人も変更。2試合連続先発はWTBグレアムだけで、中3日での日本戦に万全で臨めるようロックのグレイ、SHレイドロー、SOラッセル、FBホッグら8人をベンチからも外した。

 タウンゼンド監督は8人を別メニューで調整させていると説明し「彼らも試合に出たがったが、短期間で2試合戦うにはこうするしかない」と強調。フッカーのブラウンを代表では2度目となる先発フランカーで起用し、リザーブのFWを通常の5人から6人に増やした苦心の布陣を「まずはロシア戦だが、日本のことは頭の片隅にある」と明かした。

 ただ、ロシア戦で引き分け以下だと日本の8強が決まり、勝っても4トライ以上のボーナスポイント(BP)を取らなければ、日本戦で相手にBPを与えた時点で、勝ち点で上回れずに敗退が決まる可能性がある。指揮官は「ロシア戦はBPを取ることが重要だ。日本戦でBPを取るのは難しい」と話し、プロップのリードも「ロシアはFWが強いし、まずはロシア戦に集中する。終わってから先のことは考えたい」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月8日のニュース