×

賞金王の意地だ!今平 遼と同組で忍耐2位「少しは意識した」

[ 2019年9月28日 05:30 ]

男子ゴルフツアー パナソニック・オープン第2日 ( 2019年9月27日    兵庫県 東広野GC=7058ヤード、パー71 )

<パナソニックOP第2日>3番、同じようなところにオンし石川遼(右)とともにラインを読む今平周吾(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 石川と同組で回った首位スタートの今平は「どんどん迫ってくるんで、少しは意識しましたけど」と猛チャージを仕掛ける石川の重圧を肌で感じながら忍耐のゴルフとなった。

 首位こそガンジーに明け渡したが、最終18番でグリーン奥ラフからの第3打を1メートルに寄せてバーディーを奪うなど、石川に一度もリードを許さず。2年連続賞金王を目指す男の意地を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年9月28日のニュース