バレーボール男子代表石川の妹・真佑が女子W杯代表初選出「不安もあるが全力でプレーしたい」

[ 2019年9月7日 05:30 ]

初代表に意気込む石川
Photo By スポニチ

 14日に開幕するバレーボール女子のW杯に出場する日本代表15人が発表され、男子エース石川祐希(23=パドバ)の妹、真佑(19=東レ)が主要大会で初めて名を連ねた。

 都内で記者会見に臨んだ石川は「不安もあるが全力でプレーしたい」と意気込みを語った。高校時代は下北沢成徳(東京)のエースとして全国大会で活躍。東レに入団した今季はアジア選手権(8月、韓国)で大会MVPを獲得するなど一気にブレークした。中田久美監督(54)は「相手ブロックに対する打ち分けがうまい。開幕スタメンもゼロではない」と期待を込めた。日本は開幕戦でドミニカ共和国と戦う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月7日のニュース