福岡がマフィが痛すぎる負傷後退…ジョセフHC、右肩痛めたマフィの復帰は「1週間から2週間」

[ 2019年9月7日 05:30 ]

リポビタンDチャレンジカップ2019   日本7―41南アフリカ ( 2019年9月6日    熊谷 )

後半途中で交代したマフィは試合終了後も右腕を固定してベンチに座ったまま動けず(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 WTB福岡とNo・8マフィが負傷交代のアクシデントに見舞われた。福岡は攻撃参加しようとした際、ピッチに座り込み、前半4分にモエアキオラと交代。ジョセフHCは「明確なことは言えない。福岡は(右)ふくらはぎを痛めた」と説明したが、ベンチでは放心状態で右膝付近をアイシングしていた。

 マフィは敵陣深くの密集で右肩を痛め、後半7分に徳永と交代。右肩を固定したままピッチを退き、指揮官は「マフィは肩をやってしまった。1週間から2週間で大丈夫になると思う」と見通しを語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月7日のニュース