フッカ―勢、コーチメンタル指導で成長実感 ラインアウトのスローイング練習

[ 2019年8月22日 05:30 ]

練習を終え、引き上げる(左から)茂野、坂手、堀江、具(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 今合宿でフッカー勢はトニー・ブラウン・アタックコーチの指導でラインアウトのスローイング練習に取り組んでいる。バックス出身でプレースキッカーでもあった同コーチが教えるのは、主にメンタルの部分だ。

 フッカー最年長の堀江は「プロセスはキックと同じ。フォロースルーなど同じプロセスを踏むことが大事になる」と説明。数年前から指導を受けて現在に至っている堀江も「投げやすくなった」と感謝した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月22日のニュース