みなみ、“SR”シャフト手応え「ほぼ曲がらなかった」 8月1日開幕全英女子OP

[ 2019年7月31日 05:30 ]

 女子ゴルフの海外メジャー最終戦となるAIG全英女子オープンが8月1日から4日間、ミルトンキーンズのウォバーンGC(6756ヤード、パー72)で開幕する。開幕を2日後に控えた30日、今季2試合目の海外メジャーに臨む勝みなみ(21=明治安田生命)がインの9ホールを練習ラウンドした。今大会に向けて1Wのシャフトを「S」に加え、軟らかくてしなりの大きい「SR」も用意。日本より平均気温が10度以上低いため、体の回転としなりが不足するのを補うもので「今日試してみて、ほぼ曲がらなかった」と手応えを感じている。“全英仕様クラブ”を手に「楽しく回れたら」と話した。

 また、予選ラウンドの組み合わせが発表され、ダニエル・カン、ジェニファー・カップチョ(ともに米国)と日本時間の午後3時58分にスタートする。 

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年7月31日のニュース