V候補ケイリシュ 男子400個人メドレーでまさかの予選落ち…

[ 2019年7月29日 05:30 ]

水泳 世界選手権最終日 ( 2019年7月28日    韓国・光州 )

 男子400メートル個人メドレーで優勝候補の一角だったケイリシュが予選で姿を消した。関係者によると肩に故障を抱えているという。自己ベストから10秒近く遅い低調な記録で敗退が決まると、レース後は取材に応じず青ざめた表情だった。

 前回は萩野(ブリヂストン)や瀬戸を倒して個人メドレー2冠を果たしたが、今回は200メートルも3位どまり。東京五輪へ不安を残した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月29日のニュース