奥原 山口に敗れ4年ぶり頂点届かず「駆け引きにやられた」

[ 2019年7月29日 05:30 ]

バドミントン ダイハツ・ヨネックスジャパン・オープン最終日 ( 2019年7月28日    東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ )

<バドミントン ヨネックスジャパンオープン 女子シングルス決勝>第2ゲーム、ガックリの奥原(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 女子シングルス決勝で山口との日本人対決に敗れた奥原は、4年ぶりの頂点に届かなかった。

 1、2ゲームともに序盤はリードする展開だったが、山口のスピードの変化に圧倒された。「駆け引きにやられてしまった」。東京五輪まで1年を切った。「茜ちゃんと日本人決勝になれば、歴史にないこと。その舞台に立てるように。世界のトップに追いつけるようにやっていかないといけない」と1年後の再戦を見据え、さらなる進化を誓った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月29日のニュース