夏巡業スタート 巡業部長“夜の街”の所作に注意促す

[ 2019年7月29日 05:30 ]

大相撲夏巡業が始まり、取組で対戦する鶴竜(左)と白鵬
Photo By 共同

 大相撲夏巡業が28日、岐阜市内で始まり、春日野巡業部長(元関脇・栃乃和歌)が関取衆への訓示で“夜の街”における所作について注意を促した。報道陣の取材に対し、入間川親方(元関脇・栃司)は「最近お騒がせしている件」と、暗に吉本興業のお笑い芸人による“闇営業”問題を挙げて、「誤解が生じるような写真(撮影)はファンサービスであってもそれが相手次第(反社会的勢力)では交友関係と取られる場合がある」と意図を説明した。

 世間を騒がす騒動に対し、敏感に反応した日本相撲協会。力士会会長の横綱・鶴竜は「自分の行動に責任を持ってくださいということ。変なことをしなければ大丈夫ですから」と強調した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年7月29日のニュース