リカーブ予選 女子は杉本6位、男子は武藤15位が最高

[ 2019年7月13日 05:30 ]

アーチェリー 五輪テストイベントREADY STEADY TOKYO第1日 ( 2019年7月12日    東京・夢の島公園アーチェリー場 )

アーチェリー五輪テスト大会男子リカーブ個人予選 狙いを定める武藤
Photo By 共同

 1人が72本の矢を射るリカーブ個人の予選ラウンドが実施され、日本勢は女子の杉本智美(ミキハウス)が665点で6位、男子の武藤弘樹(慶大)が659点で15位に入ったのが最高だった。12年ロンドン五輪銀メダリストの古川高晴(近大職)は24位だった。

 24歳の杉本は「今やれるだけのことはできた」と満足げに語った。まもなく東京五輪開幕1年前を迎え、11月からは代表選考レースが始まる。「いよいよという気がする。メダルを目指して頑張りたい」と意気込んだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月13日のニュース