ラグビー日本代表SH田中、34歳W杯が“集大成”の覚悟「僕の中で最後」

[ 2019年6月12日 05:30 ]

W杯100日前を迎え、取材に応じたラグビー日本代表のSH田中
Photo By スポニチ

 ラグビー日本代表のSH田中史朗(34=キヤノン)が、開幕まで100日に迫るW杯日本大会を集大成として臨む覚悟を示した。「僕の中で最後になる。でも、経験があるので不安は全然ない。自分の人生の最後のW杯をどれだけ楽しんで結果を残せるか」。出場すれば自身3度目の舞台。日本ラグビー界をけん引するベテランの正直な思いだった。

 34歳となった今でも自らの能力を疑ってかかる。「足も遅いし、フィットネスもない。経験だけではラグビーはできない。なので今、必死に自分を高める時」。飽くなき向上心が田中を支えている。

 チームの精神的支柱でもあるが、今年はチームを一喝したことは一度もないという。「前回大会は僕がずっと文句を言っていると言われましたけど。今は全くない」。チームを信頼しているからこそ、心置きなく自分の限界に挑戦できる。日本に不可欠の男は、静かに準備を進めている。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月12日のニュース