バレー女子NL東京大会開幕 日本、ブラジルに1-3敗戦 中田監督「スタートが全て」

[ 2019年6月12日 05:30 ]

ネーションズリーグ女子東京大会第1日   日本1-3ブラジル ( 2019年6月11日    東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ )

 世界ランク6位の日本は同4位のブラジルに1―3で敗れ、通算成績を5勝5敗とした。ブラジルの堅い守りを崩せず、第1セットを17―25と落とす。第3セットで25―20と息を吹き返すも第4セットで22―25と競り負け、苦い敗戦となった。12日は同1位のセルビアと対戦する。

 調子が上がるのが遅すぎた。第3セットになってブラジルの守備にほころびが見え始め、石井や古賀が躍動。追い上げムードに会場は沸いたが、中田監督は「スタートが全て」と語るように、前半に2セットを落とした代償は大きかった。ゲームを振り返り石井は「いい内容ではなかった。反省したい」と悔しさをにじませた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年6月12日のニュース