ラグビーW杯まで100日 姫野和樹は手応え「結果を残す準備できている」

[ 2019年6月12日 18:24 ]

ラグビー日本代表のNo・8姫野和樹
Photo By スポニチ

 宮崎合宿中のラグビー日本代表は12日、宮崎市内で3日目の練習を消化した。前日までは2日連続3部練習だったが、W杯開幕まで100日となったこの日は午前練習のみ。FWとBKに分かれてハードなメニューをこなし、FW陣はスクラムを念入りに確認した。No・8の姫野和樹(24=トヨタ自動車)は「めちゃくちゃしんどいです。3日間でこれだけ疲労するのかとビックリしている。ただ、それだけ疲労するのが今回の合宿の目的。この疲労が充実した合宿が送れている証拠」と語った。

 大舞台まで100日。「日が近づくにつれ、W杯の盛り上がりを日本全体で感じる。W杯が迫ってきたと実感している」と率直に話した姫野は「しっかりと100日後を見据えて、逆算して準備してきた。結果を残せる準備が順調にできている」と手応えを示した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月12日のニュース