フルセットの錦織、全仏5年連続16強!4時間26分激闘制した

[ 2019年6月1日 05:30 ]

テニス 全仏オープン第6日 男子シングルス3回戦   錦織3―2ジェレ ( 2019年5月31日    パリ・ローランギャロス )

第2セット、懸命にボールを追う錦織(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子シングルス3回戦で第7シードの錦織圭(29=日清食品)は世界ランキング32位のラスロ・ジェレ(23=セルビア)に6―4、6―7、6―3、4―6、8―6で勝利した。4時間26分の激戦を制し、5年連続の16強進出。2年ぶり3度目の8強入りが懸かる4回戦は世界38位のブノワ・ペール(30=フランス)と対戦する。

 4時間26分の激戦に終止符を打つと、錦織は両拳を高々と突き上げた。両者一歩も譲らずに突入した最終第5セット。4大大会で唯一タイブレーク制がないため、もつれにもつれた。7―6で迎えた相手サーブの第14ゲーム。40―30からの相手フォアがコート外に落ち、5年連続の16強進出が決まった。

 ジェレは2月にクレーのリオ・オープンでツアー初優勝した新鋭。セルビア出身で4大大会3連勝中のジョコビッチの背中を見て育った。錦織は初対戦だが「しぶとそうなイメージ。サーブもいいし、ストロークもしっかりしている」と特徴をつかんでいた。今月初旬のマドリード・オープン。ダブルスを組んだデルポトロ(アルゼンチン)がシングルス2回戦で対戦したのがジェレ。相棒が敗れた試合をチェックしていたことが生きた

 20代で迎える最後のシーズン。4大大会制覇の目標はブレない。「20代前半の時は引退は30歳ぐらいと思っていたが、今はその気持ちは全くない。グランドスラムを獲りたい気持ちも変わらない」。37回目のグランドスラム出場の今大会で初優勝を飾れば、出場48回目の01年ウィンブルドン選手権で初めて頂点に立ったイワニセビッチ(クロアチア)に次ぐ、2番目に遅い記録となる。悲願達成へ、一歩ずつ着実に階段を上がっていく。

 ▼錦織圭 (第5セット)0―3の時はつらかったですね。彼のプレーが数段と上がって、(勝つのは)無理かなと思った。1本ずつですね。いつかチャンスが来ると思った。思った以上にサーブが良くて、左右に打ち分けられたので、つらかった。(次戦については)1日休んでリカバリーしてまた考えたい。

 《7連勝》錦織の4大大会出場は、今大会で37度目。過去、4大大会優勝まで最も出場回数を要したのが、クロアチアのイワニセビッチで01年のウィンブルドンを48度目の出場で制した。仮に錦織が全仏を制すれば、史上2番目の遅さでの優勝となる。

 ATPツアーの公式サイトによると、フルセットになった場合の勝利が錦織は75.1%で歴代1位。さらに5セットマッチでのフルセットの勝率はこの日を含め7連勝。22勝6敗の78.6%と抜群に高い勝率を誇る。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年6月1日のニュース