桃田 五輪代表へ真価発揮だ、バドミントン日本代表帰国

[ 2019年4月16日 05:30 ]

東南アジア転戦を終えて帰国したバドミントン男子の桃田
Photo By スポニチ

 東南アジアでのツアー転戦を終えたバドミントン日本代表が15日、羽田空港に帰国した。男子シングルス世界ランク1位の桃田賢斗(24=NTT東日本)はマレーシア・オープンで2回戦敗退も、シンガポール・オープンは優勝。それでも「研究されている、と凄く感じた。自分の打ちやすいところに相手の体が完全に向いているパターンが多かった」と吐露した。

 今月29日から1年にわたる五輪選考レースが始まる。桃田は「みんなが集中する緊張感の中で自分がどれだけパフォーマンスを出せるか」と決意を新たにしていた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月16日のニュース