リーチ 27日今年初実戦へ、恥骨痛回復 代表候補合宿

[ 2019年4月16日 05:30 ]

全体練習を見守るリーチ・マイケル(右端)
Photo By スポニチ

 ラグビーW杯日本代表候補が千葉県浦安市で合宿を再開し、恥骨痛のため今月上旬までのニュージーランド遠征には不参加だったリーチ・マイケル主将(東芝)が、27日の強化試合・ウェスタンフォース戦(秩父宮)で今年初実戦を目指すと明かした。この日は全体練習には加わらなかったものの、3週間ぶりにランニングを行い「(回復は)9割くらい。明朝、変化がなかったら量を上げる」と話した。20日のハリケーンズB戦(オリプリ)は欠場濃厚だが「無理はしないけど来週行きたい」と語った。

 27日は入場無料。W杯に向けてファン拡大の好機だけに、リーチも「ファンにとってはいいこと。人が入ったらストップになっちゃうんですか?」と逆質問し、実質的な日本代表戦が満員で行われることを期待した。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月16日のニュース