高安が合流、腰痛回復 いきなり取組に出場「前向きにやる」

[ 2019年4月16日 05:30 ]

大相撲春巡業 ( 2019年4月15日    東京・靖国神社 )

 腰痛のため巡業初日から休場していた大関・高安(田子ノ浦部屋)が合流した。巡業から離れていた間は「ケガをしない体づくりに取り組んでいた。腰は大丈夫」とあって、いきなり取組にも出場。巡業は2週間後まで続くとあって「充実した巡業になるように精いっぱい取り組んでいく」と意欲を示した。

 春場所後には、貴景勝が大関に昇進。「いろんなことに刺激を受けながら前向きにやっていきたい」と発奮材料にしていく。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月16日のニュース