東京五輪詳細競技日程発表 金メダル1号は射撃 陸上9種目、バスケ男女は午前決勝

[ 2019年4月16日 15:08 ]

東京五輪の競技スケジュールを発表する組織委委員会の室伏広治スポーツディレクター(中)。右は井上康生柔道男子全日本監督
Photo By スポニチ

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は16日、東京五輪の競技スケジュールの詳細(実施未定のボクシング除く)を発表した。大会は開会式(24日)2日前の20年7月22日午前9時、福島あづま球場で行われるソフトボールで開幕。開幕戦は日本が出場予定となっている。

 7月22日にはサッカー女子1次リーグ、開会式前日の23日にはサッカー男子1次リーグも開幕。金メダル第1号は開会式翌日の7月25日、射撃女子10メートルエアライフルで、日本勢は同日の柔道男子60キロ級に金1号の期待が懸かる。7月29日は福島で野球の開幕戦が行われ、稲葉監督率いる日本の出場が見込まれている。

 大会中盤の8月1日は陸上混合1600メートルリレー、柔道混合団体なと新種目を中心に決勝21種目が予定されている「スーパーサタデー」。同2日は陸上男子100メートル、女子マラソン、テニス男子シングルスなど決勝が26種目あり、組織委は「ゴールデンサンデー」と位置づけている。大会終盤の8月8日は野球、サッカー男子、バスケットボール男子、バレーボール男子などボールゲームを中心に大会期間最多30種目の決勝が行われる。また、8月9日の閉会式は当初の午後9時開始から8時開始に繰り上がった。

 暑さを考慮して陸上のマラソンは午前6時、男子50キロ競歩は午前5時半スタートが確定。マラソンスイミングのスタートは午前8時から同7時に繰り上がった。陸上は午前中の決勝がリオ五輪より1種目多い9種目となり、バスケットボールは男女とも午前に決勝が行われる。東京五輪のチケットは5月以降に抽選販売の申し込みが開始される。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月16日のニュース