マット以外でも沙保里功績 東京五輪招致ではパレード

[ 2019年1月9日 05:30 ]

“霊長類最強女子”吉田沙保里引退

東京五輪招致イベントで絵馬に書いた願いを披露する吉田沙保里
Photo By スポニチ

 吉田の功績は、マット上だけにとどまらない。20年東京五輪・パラリンピック招致では、杉並区でパレードを行うなど、国内の機運を高めるイベントに参加。さらに、20年招致成功時の公約として「止められても五輪に出場し金メダルを獲る」と発表していた。

 また、13年2月12日に国際オリンピック委員会(IOC)が20年夏季五輪の実施競技からレスリングを除外する決定をした際には、五輪3連覇の“アイコン”として存続活動に積極的に参加。5月にはIOC理事会が開かれたロシア・サンクトペテルブルクを訪問し、ロビー活動を展開した。結果的にレスリングは野球・ソフトボールなど他の候補に勝ち、実施競技入りしている。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月9日のニュース