詩 筋力増へウエートトレ本格導入、柔道女子代表合宿

[ 2019年1月9日 05:30 ]

柔道女子強化合宿で練習する阿部詩
Photo By 共同

 柔道の女子日本代表が東京都北区の味の素トレセンで強化合宿を公開し、52キロ級世界女王の阿部詩(兵庫・夙川学院高)がウエートトレーニングを本格導入する考えを示した。これまでは代表合宿期間に限って取り組んできたが、「力が付いてきた」と実感。兄で男子66キロ級の一二三(日体大)は器具を使ったウエートトレーニングをしないことで有名だが、妹は昨年9月の世界選手権制覇という成果に結び付けた。「ムキムキにはしない。体重もあるので」と話したが、4月に進学予定の日体大で専門家のサポートを受けてパワーアップを図る。

 ≪増地監督秘策“リスト隠し”≫女子の増地克之監督は、今年から国際大会で“エントリーリスト隠し”を行う考えを示した。これまでは全日本柔道連盟が大会の数カ月前に出場選手リストを公式ホームページ上で公開。しかし日本選手を警戒する海外勢が、リストを見て出場回避するケースが多々あったという。増地監督は「情報を漏らさず(海外の)強豪と日本の選手をやらせたい」と狙いを語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月9日のニュース