奥原は準V 宿敵に苦杯、長いリーチ崩せず「精度悪い」

[ 2018年12月17日 05:30 ]

バドミントン ワールドツアーファイナル最終日 ( 2018年12月16日    中国・広州 )

女子シングルス決勝でシンドゥ・プサルラ(奥)に敗れた奥原希望
Photo By 共同

 奥原が宿敵に屈した。16年リオ五輪の準決勝で敗れたプサルラを攻略できず、惜しくも準優勝。ラリーで揺さぶろうとするも、手足のリーチが長い相手の守備を崩せない。勝負どころでショットが甘くなり、「自分の精度が悪すぎて主導権を握れなかった」と残念がった。

 プサルラとは何度も大舞台で対戦し、これで6勝7敗の負け越しとなった。それでも、攻めのタイミングなど「突破口は見えた」と収穫を強調する。昨年は右膝の故障でこの大会を欠場したが、今年は長いシーズンを乗り切った。来年から20年東京五輪の出場枠が懸かる厳しい戦いが待つ。「どれだけ勝負に貪欲になれるか。わくわくしている」と締めくくった。

続きを表示

この記事のフォト

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年12月17日のニュース