丸山 来年9月12日で50歳、日本シニアの出場視野

[ 2018年12月17日 05:30 ]

ジュニアイベントに参加した(後列左から)渡辺彩香、内藤雄士、丸山茂樹、稲森佑貴
Photo By スポニチ

 五輪代表ヘッドコーチの丸山茂樹(49=セガサミーホールディングス)が、来季の国内公式戦の日本シニアオープン(9月19日開幕、埼玉・日高CC)でシニアデビューする可能性を示唆した。

 16日、自らの名前を冠したジュニアイベントを都内で開催。来年9月12日で50歳となり、日米両シニアツアーの出場資格を得ることから「日本も米国も登録は済ませた。ただ、いきなり(デビューが)公式試合というのも苦しい。そのあたりもじっくり考えたい」と話した。丸山は左手親指の付け根痛のため試合出場を控えており、1月から競技復帰に向け本格始動する。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年12月17日のニュース