中田ジャパン 3次リーグ進出決めたブラジル戦18・2%の高視聴率 瞬間最高は23・9%

[ 2018年10月12日 12:56 ]

第1セットを奪い、喜ぶ古賀(右端)ら日本
Photo By 共同

 11日にTBS系で生中継された「2018世界バレー女子大会」(後7・18〜同10・10)の平均視聴率が18・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことが12日、分かった。

 瞬間最高は午後9時4分に記録した23・9%で、瞬間最高を記録したのは第3セット、24―25でマッチポイントの日本にブラジルが迫ってきた場面だった。

 中田久美監督率いる世界ランキング6位の日本は同4位のブラジルと対戦し、25―23で第1セットを奪取した時点で3次リーグ進出が決定。試合はその後、25―16、26―28、21―25、11―15でフルセットの末、日本はブラジルに惜しくも惜敗に敗れた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年10月12日のニュース