遼、1アンダー発進 パットが鍵に「スコアを伸ばせるように」

[ 2018年10月12日 05:30 ]

男子ゴルフツアー・日本オープン   第1日 ( 2018年10月11日    横浜CC=7257ヤード、パー71 )

3番、ティーショットを放つ石川遼(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 終盤巻き返して1アンダーで初日を終えた石川は「パターがあまり良くなかった。珍しくショートしてしまった」と振り返った。前半1アンダーも、警戒していた11番は1Wを選択し、右に曲げてボギー。

 それでも「普段より曲がり幅が10ヤードぐらい良くなっている」と前向きに話す。2日目以降に向け「修正する部分はパットのタイミング。スコアを伸ばせるように頑張りたい」と表情を引き締めた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年10月12日のニュース