レイカーズのジェームズがプレシーズンで2試合連続の先発 グリズリーズの渡辺はベンチ外

[ 2018年10月3日 16:21 ]

プレシーズンの2試合目に出場したレイカーズのジェームズ(AP)
Photo By AP

 NBAは2日に各地でプレシーズンの5試合を行い、キャバリアーズからレイカーズに移籍したレブロン・ジェームズ(33)は9月30日と同一カードとなったナゲッツ戦に2試合連続で先発。15分の出場で13得点を挙げたが、チームは111―113(前半59―48)で敗れ、ナゲッツに対して連敗を喫した。

 サンダーからロケッツに移籍したカーメロ・アンソニー(34)はグリズリーズとのプレシーズン初戦に先発。23分のプレータイムで13得点を記録し、3点シュートを6本中3本成功させた。昨季のシーズンMVPとなったジェームズ・ハーデン(29)は30分で20得点。クリス・ポール(33)も26分で22得点をマークし、試合はロケッツが131―115(前半64―59)で勝利を収めた。

 グリズリーズとマイナーを含めた「2―WAY契約」を締結した渡辺雄太(23)は肩を痛めたこともあってベンチ外。ドラフト全体4番目に指名されたジャーレン・ジャクソンJR(19=ミシガン州立大出身、2メートル11、110キロ)は19分の出場ながら、放った6本のフィールドゴール(うち1本は3点シュート)と2本のフリースローをすべて成功させて15得点。シュート成功率100%というNBAデビュー戦となった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年10月3日のニュース