五輪テスト大会日程発表 運営能力高める目的で3項目チェック

[ 2018年10月3日 05:30 ]

 20年東京五輪・パラリンピック組織委員会は2日、テストイベントの一部日程を発表した。暑さ対策が課題のマラソンは19年9月15日のグランドチャンピオンシップで本番に近いコースを確認。卓球は19年11月6〜10日に東京体育館で開催するITTFチームW杯をテスト大会とする。

 大会運営能力を高める目的で、本番の設備や施設、会場を使用して、主に「競技エリア」「テクノロジー」「スタッフのオペレーション」の3項目をチェック。約50大会が予定される中、第1弾として16大会を発表した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年10月3日のニュース