ダニエル、初戦ストレート負け 体調戻らず「今も気持ち悪い」

[ 2018年10月3日 05:30 ]

楽天ジャパンオープン第2日   ダニエル0―2シチパス ( 2018年10月2日    布市武蔵野の森総合スポーツプラザ )

懸命にボールに食らいつくダニエル(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 シングルス1回戦で主催者推薦出場のダニエル太郎(25=エイブル)は、第5シードのステファノス・シチパス(20=ギリシャ)に1―6、3―6で敗れた。第1シードのマリン・チリッチ(30=クロアチア)が敗れる波乱があった。

 4度目の出場となるダニエルはストレート負けで大会初勝利はならなかった。第1、第2セットとも序盤でブレークを許して1時間15分であっさりと敗退。中国での大会後に体調を崩し「今も気持ち悪い」と万全でなく、相手のパワフルなショットに対抗できなかった。「まずはもっと良いプレーができるように回復したい」と残念そうだった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年10月3日のニュース