Sスケート高木姉妹ら長野で練習公開 北海道地震影響で遅れも

[ 2018年10月3日 05:30 ]

リラックスした表情で調整する高木美帆(左)と姉の高木菜那
Photo By 共同

 スピードスケートのナショナルチームが2日、長野市エムウエーブでの練習を報道陣に公開し、平昌五輪で活躍した女子の高木美帆(日体大助手)や姉の高木菜那(日本電産サンキョー)らが、シーズン開幕に向けハードなメニューをこなした。

 北海道地震の停電により、合宿先だった帯広市の明治北海道十勝オーバルの氷が溶け、9月はほとんど氷上練習ができなかった。長野に入って氷に乗るのはこの日がまだ3度目だという。前半戦のW杯代表選考会を兼ねる全日本距離別選手権は26〜28日に長野市で行われ、22年北京五輪に向けた第一歩となるシーズンが本格的に幕を開ける。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年10月3日のニュース