三井住友海上女子柔道部が30周年式典開催 新井、近藤ら出席

[ 2018年10月3日 05:30 ]

三井住友海上女子柔道部の創部30周年式典で、取材に応じる世界選手権70キロ級2連覇の新井千鶴
Photo By 共同

 五輪、世界選手権で幾多のメダリストを輩出した三井住友海上女子柔道部の創部30周年式典が2日、東京都内で行われ、9月の世界選手権70キロ級で2連覇を果たした新井千鶴、16年リオデジャネイロ五輪48キロ級銅メダルの近藤亜美ら所属選手が出席した。

 同部は88年ソウル五輪で女子日本代表を率いた柳沢久監督の下、89年9月に創設された。96年アトランタ五輪61キロ級(当時)で恵本裕子が日本女子柔道初の金メダルを獲得し、70キロ級の上野雅恵が04年アテネ、08年北京五輪で2連覇。他にも、63キロ級の上野順恵や52キロ級の中村美里ら世界女王を生むなど、輝かしい実績を残してきた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年10月3日のニュース