PR:

日大・内田監督「最初から辞任考えた」 タックル選手は「SNSで叩かれているので…」

報道陣の質問に答える内田監督
Photo By スポニチ

 アメリカンフットボールの日大と関学大の定期戦で日大の選手が悪質な反則行為で関学大の選手を負傷させた問題で、日大の内田正人監督が19日、大阪空港で取材に応じ、「一連のこの問題は全て私の責任です。監督を辞任いたします」と辞任を表明した。

 内田監督はこの日、関学大を訪問し、負傷した選手や保護者に謝罪。その後、大阪空港で取材に応じると「この問題はすべて私の責任でございます。関西学院大学の皆様にもお伝えしましたが、日本大学アメリカンフットボール部の監督を辞任致します。そして弁解もいたしません。すべてこの一連の問題は私の責任であります。誠に申し訳ございません」と謝罪するとともに、辞任を口にした。

 今月6日の定期戦で問題が起きて以降、内田監督が公の場に登場するのは初めて。「問題が起こった時点で若い学生の将来のために私が辞任して新しい日大を作っていかなければならないと、最初からそういう考えはございました。ただし、関西学院大学に直接お詫びしないと、その前に辞任してしまいますと誠意がないということになりますので、直接お詫びしてから、その後での辞任を考えておりました」とこの日の表明となった理由を説明。

 そして、反則を犯した選手に「1プレー目で壊してこい」と指示したのかと問われると、「文書でお答えしようと思っております」と話し、詳細は書面で回答するとした。当該選手に対し、「私はそのときは注意しておりません。それは私の責任だと思う。それも私の判断の悪さということで、ご批判は受けます」とし、「本人はSNSで非常に叩かれているので、非常に気持ちの上で滅入っているのではないか、という印象を受けました」と話した。

[ 2018年5月19日 17:47 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:06月24日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画