アイスダンスまた“ポロリ” 今度は仏ペアの衣装はだける

[ 2018年2月20日 05:30 ]

平昌冬季五輪 フィギュアスケート・アイスダンス ( 2018年2月19日 )

フランスのパパダキス(左)シゼロン組(AP)
Photo By AP

 アイスダンスでまたハプニングが起きた。今度は、フランスのガブリエラ・パパダキス(22)、ギヨーム・シゼロン(23)組。演技序盤でパパダキスの背中のホックが外れ、衣装がはだけた。留め具を失った緑のドレスに場内はハラハラさせられ、ついに終盤には左乳首があらわになるシーンもあった。

 しかしそこは15、16年世界選手権を連覇した実力ペア。最後まで滑りきり、SD81.93点で2位に付けた。「こんなことは初めて。集中して何事もなかったように終わらせようとした」と、セクシーな舞となったヒロインは振り返ったが、パートナーは「衣装のことがなければ、もっと良かった」と残念がった。

 11日の団体戦で真っ赤なドレスがはだけた韓国ペアの閔秀拉(ミンユラ)(22)は「全ての個所を縫い付けました」と鉄壁のガードで登場。61.22点の16位でFD進出を決め、歓喜の涙を流した。「多くの人に、フィギュアの人ではなくアイスダンスの人と言ってもらえる。うれしい」と、種目の認知度が上がったことにも喜びを感じていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年2月20日のニュース