小平奈緒 セレモニーで喜びかみしめる「金メダルってこういう色なんだ」

[ 2018年2月20日 21:16 ]

金メダルを胸に笑顔の小平奈緒
Photo By スポニチ

 スピードスケート女子500メートル金メダルの小平奈緒(31=相沢病院)が20日、平昌でのメダルセレモニーに出席した。

 3度目の五輪にして初めてつかんだ金メダルに「W杯や世界選手権とは違う気持ちになった。重いなって感じましたし、金メダルってこういう色なんだ」と喜びをかみしめた。

 控え室では銀メダルの盟友・李相花(韓国)と仲良くインスタグラムでライブ動画を配信。式中の写真撮影でも「寒いね」と笑顔で言葉を交わした。

 ひときわ輝くメダルを首にさげた小平の姿には結城コーチも男泣き。しかし、小平からは遠すぎてコーチが見えなかったといい「先生の泣いた顔って見たことがないので見たかった」といたずらっぽく笑った。10年以上にわたり二人三脚で頂点を目指してきた。「まずは結城先生にメダルをかけてあげたい」と感謝を口にした。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年2月20日のニュース